• カルテと医療データーベース

    医療データーベースといえば、患者さんの医療記録をデーターベース化することがまず第一に思いつきますが、これは口で言うほど簡単なことではありません。医療機関を実際に受診したことのある人なら分かるでしょうが、最近では実は電子的なものもあるとはいえ、カルテはまだまだ紙が主流です。患者さんごとに別々の紙冊子になっているカルテをデーターベース化するというのが、口でいうほど簡単なことではないというのは誰でも分かることでしょう。

    本気でデーターベース化するのであれば、まずこれらの記録を電子化し、コンピュータで扱えるような形にすることが必要です。



    コンピュータに取り込むといっても、単にスキャナーでスキャンして画像として取り込むのでは意味がありません。
    画像としてではなく、個々の情報データとして取り込まなければ、集計を行ったり、複数のデータを計算して表にしたりグラフにしたりといった処理を行うことはできません。このような目的のためには、紙のカルテではなく電子的なカルテにすることが必要だというのは理解できるでしょう。



    しかし電子的なカルテにするだけでは全く不十分なのです。それではその医療機関だけ、広く考えても、同じアプリケーションを使っている医療機関だけでしかデーターベース化できません。電子カルテのアプリケーションが違えばデータの持ち方も異なりますので、簡単に一元化することはできないからです。



    ここまで考えたうえでカルテを電子化することが望ましいわけです。